今の職場が不満な看護師は辞めるより転職した方が良い?

学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。
さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。
決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もういい大人なのだから、何か起こった時は決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、と当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。
看護師の年収は高額だと思われている方もいると思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
そして、看護師の転職希望者の転職活動にもいろいろあり、その人の今の職場環境や生活環境でもそれは異なります。
けれども、看護師は夜の勤務がない場合、そんなに稼ぐことができなくて、1年の収入が低いということがあるのです。
そのため、独り身の時は定期的に夜勤がある医院で働いて稼いで、嫁いだ後は、夜勤のない病院に再就業する方も多いでしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
自分がなぜ転職をしようと思ったのか、その動機を分析してみることも大切です。
日本にいる看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員として勤めているため、年収は平均593万円くらいになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より大きく、福利厚生も充実した内容になっています。
准看護師として従事している場合は、看護師よりも年収が平均70万円ほど低いです。

看護師の給料どのくらい?心療内科クリニックへ転職【精神科の給与は?】