住宅ローン返済中に失業したら?

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば未完済のまま終わってしまうのでしょうか。
トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。
大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。
クビになった原因が会社側か自分にあるのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。
きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。
家を購入しようとしたときに最初に来る難関は現金調達の事でしょう。
多くの方は、銀行などから長期固定金利住宅ローンフラット35sを申し込みすると思います。
申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。
これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合借金がなくなる。
という内容になります。
長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。
通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。
その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。
但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。
ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。

新生銀行住宅ローンのメリットは? 【突撃取材インタビュー】