意外と生活と密着している行政書士の仕事とは?

弁護士、司法書士と同様に法律関係で最近では難関資格となってきているのが行政書士です。
弁護士が訴訟をメイン、司法書士が登記をメインにする仕事ですが、行政書士は多種多様な業務がメインとなります。
すなわち、扱うこと事案の種類がかなり多いのです。
そのため、町の法律家と言われているくらいです。
車社会の今、ほとんどの人が自動車を所有しているでしょう。
その自動車の購入の際に必要な車庫証明を取得する業務などもしてもえます。
ですから、裁判や登記は普段生活していてもあまり関わることがないですが、ごくごく普通の生活に密着している法律関係を処理してくれのが行政書士です。
昔は比較的取得するのが楽な資格だったのですが、需要増のせいなのか、質の向上のためなのかはっきりわかりませんが、最近ではかなり難関資格の仲間入りをしています。
法律問題だけでなく一般教養も出題されます。
一般教養とは程遠いほどの教養レベルが要求されます。
そのため、資格勉強においても試験対策のテキストが必需品となってきます。
合格すれば先ほども述べたように多種多様な業務がこなせるので実務に就いた時にはやりがいのある職種です。